Home > 作品 > リビングラック
 

嫁さんからの頼まれ物を作り始めました。
単に整理棚ですが、格好良い名前が良いかと、リビングラックとしました。
イメージ 1





名前と違って居間ではありませんが、階段下の隙間に設置します。
サイズは図の通りですが、奥行きが600ほどあります。





イメージ 2

棚板は格子(連子)にしました。
上から見たところ。



材料は棚板の格子(上で縦のもの)にレッドオーク、柱との桟(上で横のもの)にハードメープル、さて、柱はどうしようかと悩みましたが、 例のポプラにしました。

ところがポプラに手押しをかけても、肌がガサガサして綺麗ではありません。
イメージ 3

自動を掛けると、なぜだか、部分的に逆目掘れになります。目としては順目さんですが。原因がわかりません。

どうも気に食わない。広葉樹の感じではありませんね。

ということで、ポプラは止め、ホワイトアッシュにします。
格子の33本、柱の桟6本、柱4本を木取りし、手押しと自動を掛けたところ。
イメージ 4

いやー、33本にはまいりました。今日一日掛かったよ。




イメージ 5




一応ぐるりをウエスで覆って、木の変化を最低限に。
今日はここまで。








話が前後しますが、木取る時、バンドソーを使いました。
イメージ 6


図は33本の格子のために挽いています。
(九州では挽くことを「わく」と言います)

で、図のように磁石つきのフェザーボードを使ってわきますが、 いびつに曲線になり、まっすぐにわくことができせん。
イメージ 7


このように墨線に沿って、フリーハンドでやった方が直線になりやすいです。

現在のブレードは1インチと細いので、ドリフトを受けやすいのかなあ。
でも、フリーでカットしている時でも、墨線上でカットしようとしたら、左に曲がったり右に曲がったりしています。ドリフトならほぼどちらかで固定のはすですが、どうなっているのでしょうね。

何か良いアイデアがあれば教えてください。
(バンドソーで例えば20mm幅を何本も作る場合)
テーブルソーを使えば綺麗にできるのはわかっていますが、できるだけバンドソーを使いたいので。
リビングラックの続きです。
先日バンドソーでわいた(挽いた)材ですが、やはりすでに反ってきています。
本当はこの時点で再度手押しと自動鉋を掛けるべきですが、このまま使います。
イメージ 1


ハードメープルは部分的に最大1mm程度反っています。





イメージ 2


ホワイトアッシュはほとんど反っていません。乾燥具合が違うのでしょうね。





イメージ 3


桟と脚へ墨付け








イメージ 4


蛍光灯で両側から照明をつけホゾ穴を開けます。シラガキの線はこの状態でも年のせいか本当に見難いです。



イメージ 5




あとは、ホゾ穴の底を綺麗にし、ほぞ加工に入ります。





先日あけたホゾ穴を綺麗にしていました。
数が多いので大変です。先日の穴あけより時間が掛かりました。
イメージ 1

4角の8箇所にのみを入れ、底をさらいます。







イメージ 2


全部終わったところですが、前回のものと同じですね(笑)。

今日はここまで。
次回はホゾ加工です。





そうそう、縦挽き用のクランプを作り変えました。
イメージ 3

これ、前回の分。
トルグクランプを使っていますが、固定がゆるゆるで使い物になりません。




イメージ 4

これが改良後
100均のクランプですが、これを逆向きに付け替え使います。
これは良いです。材の固定もびくともしないくらいがっしりできました。これで安全に縦挽きができます。

材端は手前のクロスフェンスでしっかり止まっています。

今日はほぞ作りです。
単調な作業だけどなにせ本数が多いから、テーブルソーでの胴付きだけでも単純作業になるので、気を引き締めてやらねば。
イメージ 1

まずは胴付きです。
この他に格子用の33本もね。






イメージ 2


で、このあとホソ盤で切ってみると、垂直に削れません。斜めになっています。

そういえば、先日機械を整理するときにこのホゾ盤を倒したのを思い出しました。どこか曲がっているようです。締め付け部に1mm程度の鉄板をかまし、ようやく垂直が出ました。
(上画像は、テーブルと刃の直角をスコヤで確認しているところ)

イメージ 3

ほぞ完了。

都度、ホゾ穴に入れながら、ホゾの幅と厚みを決定しています。




イメージ 4



この後、面取りします。
その前に小鉋を砥ぎます。
左が面取り後です。




イメージ 5

ちなみに、左が面取りの木屑と言うか削り華です。

面白いですよ、拡大してみて下さい。らせん状に巻かれています。
その他に部分的に超仕上げを通しました。
均一に削れない部分があり、若干不満ですが、また別途調整しましょう。
今日はここまで。
明日、ペーパを掛けて組み立てましょう。

軽くペーパーを掛け、ホゾ先を木殺しし、格子部を組み立てました。
イメージ 1

学校では木殺しではなく、鉋で面取りと教わりましたが、論理的には木殺しのほうがよさそうな気がして、今回初めて木殺ししてみました。

単に金槌で角を叩くだけです。ただし、4辺が均一になるようにね。
イメージ 2

その後、組み立てますが、本数が多いので大変です。ホゾのしまり具合はゆるゆるにしていますので、大変でしたがそんなに苦労せずにできました。


イメージ 3





3つ作って、クランプで。
今日はここまで。
明日には完成するでしょう。

今日組み上げました。
今日のホゾ組(柱と桟)はきつめに作っているので、クランプなしで完了です。
イメージ 1


柱に昨日作った格子組を柱に叩き込みます。

塗装も嫁さんが不要ということでこれで完成。



イメージ 2










イメージ 3











イメージ 4




階段下に設置してみました。イメージ通りでした。
後は嫁さんが整理するでしょう。





inserted by FC2 system